FC2ブログ

しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.460 駆逐艦 島風

今回の作品は、
20180428141506bad.jpg
タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.460 駆逐艦 島風です。

実艦は、1943年5月に就役した次世代艦隊型駆逐艦。
公試試験で日本の駆逐艦最速の40.9ノットを記録している。
1944年11月、レイテ島オルモック湾付近で戦没。

このキットは、昨年(2017年)にリニューアルされた最新版です。(なお、リニューアル前のキットは、1972年から市販されてきた長寿モデルで、『艦これプラモデル』版の島風はリニューアル前の旧キットなので、購入される方はご注意を。)

20180428141528373.jpg
パーツ構成。精密度と組み立てやすさを両立させているタミヤらしさを感じます。

組み立ては特別な加工など無く、説明書の通りに組み立てました。
塗装は、基本色がタミヤカラースプレーNo.99 舞鶴海軍工廠グレイ。リノリウム甲板部分はGSIクレオスのガンダムマーカースミいれ用ブラウン(油性ペンタイプ)で後から塗装。
煙突先端、マストの一部がつや消しブラック。主砲基部の防水布や内火艇のキャンバス部分はタミヤエナメル塗料XF-55 デッキタンを使用しました。
その後、水性塗料のつや消しクリアーでトップコートした後、タミヤスミ入れ塗料のブラックをペトロールという油絵の具用の溶き油で希釈したものでスミ入れとウォッシング処理を施しました。

201804281415447f1.jpg
完成写真。それなりに見られる出来映えだったらいいのですけど。

次の模型はこれから組み立て準備に取り掛かるので、来週中に更新できれば上出来かな。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ハセガワ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.111 日本高速戦艦 榛名 | HOME | 最近製作した模型たち>>

この記事のコメント

島風ですか。
現在でもとても速い部類に入る高速艇。
プラモデル、かなり作っていません。

前の洗車と言い、しんちゃんさんは器用ですね~
次回の作品も楽しみにしていますよ~
2018-04-29 Sun 00:44 | URL | WIND [ 編集]
> 島風ですか。
> 現在でもとても速い部類に入る高速艇。
> プラモデル、かなり作っていません。
>
> 前の洗車と言い、しんちゃんさんは器用ですね~
> 次回の作品も楽しみにしていますよ~

毎回、艦船模型を作る際には部品の紛失が怖いです。
細かい部品を床に落してしまうと見つけるまでに1時間以上ドタバタするのが当たり前という状況ですから。
現在の海上自衛隊の護衛艦は公称30ノット、ミサイル艇のはやぶさ型(昔の魚雷艇に相当)で44ノットなので、島風は現代の護衛艦をはるかに上回る速力の持ち主だったようです。

現在、また別のメーカー製の駆逐艦の模型を建造中なので、GW明けまでには形になると思います。
6月に地元の模型店が後見人をしている模型クラブの作品発表会に『展示スペースの賑やかし』としてオープン参加の形で作品を出品する事になっていまして、その為に時間の許す範囲で艦船模型を量産中なのです。
ですから、5月中は仕事と艦これのプレイの合間に模型の完成報告を兼ねた更新がもうしばらく続く見込みです。
2018-04-29 Sun 04:45 | URL | かみじしんいち [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。