しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.164 ドイツ・キングタイガー ヘンシェル砲塔

2月から職場の環境が大きく変わった事と、2月末より風邪を引いたこともあり、丸々1ヶ月以上更新が途切れてました。

今回作ったのは・・・・、
TS3X0296.jpg
タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.164 ドイツ・キングタイガー ヘンシェル砲塔です。

アニメ『ガールズ&パンツァー』内では決勝戦の対戦相手『黒森峰女学園』が2両出場させていて、そのうちの1両は副隊長の『逸見エリカ』が戦車長として乗車していた。
強力な88mm砲と最大180mmの重装甲を誇っていたが、劇中では開始直後、森を強行突破して大洗女子を奇襲した際、フラッグ車を狙って発射した主砲弾で、偶然射線に割り込んできた三式中戦車を撃破したのが確認できる唯一の戦果。

その後、大洗チームが丘に陣取っての砲撃戦の後、ヘッツァーの撹乱で隊列が混乱、その隙に丘から撤退する大洗チームを追撃したが、足回りのトラブルが発生。(左側の転輪が外れ、履帯が切れたか外れたようだった)

大洗チームの意図した市街戦に入ってからは、1両が囮の八九式中戦車の挑発に乗せられて実質上戦力外になり、エリカの乗車する1両はフラッグ車の一機撃ち場所への唯一の入り口を塞いだポルシェティーガーと交戦。
数に物を言わせてポルシェティーガーを撃破したものの、やっとのことでポルシェティーガーを乗越えて一機撃ちの場所にたどり着いたときには既に黒森峰のフラッグ車(ティーガーⅠ)は撃破されていて、自校の敗北を目の当たりにしたのだった。


実車は、1944年中ごろから実戦配備が始まった。
ティーガーⅠの設計概念を踏襲したとされているが、外見上はむしろパンター戦車の発展型と見られている。
防御戦闘では遠距離から連合軍の戦車を撃破できる88mm砲と最大180mmの重装甲で連合軍を悩ませたものの、エンジンの出力不足と燃費の悪さ、変速機の信頼製不足(重量過多のために操作が悪いとすぐに故障した)が最後まで足を引っ張り、攻勢においては余り役に立たなかった。

パーツのチェック時に写真を撮り忘れていました・・・・。
ですから、写真は完成写真だけ・・・・。

1395049302972.jpg
塗装は、タミヤカラースプレーのダークイエロー単色。
それに、タミヤスミ入れ塗料のブラックとダークブラウンを混色したものをおなじみのペトロールで希釈したものでスミ入れ&ウォッシング。
ウォッシングで多少は元の色より暗い色調になったものの、アニメのイメージ通りの色には出来ませんでした。

組み立てそのものは、元のキットをほとんどストレートに組みました。
変更点・・・としては、車長キューポラ上部に取り付けることになっていた対空機銃をオミットしたのと、砲塔側面の予備履帯の数を劇中の仕様に変更したのみです。
(本来は履帯2コマですけど、センターガイドのある1コマのみ)

プラッツ製の本車のキットを組むときには、GSIクレオスのガールズ&パンツァー用カラーセットを用いて塗装する予定です。
スポンサーサイト

プラモデル | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<長らく空きましたが・・・。 | HOME | 年が変わって・・・。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。