しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ Ⅳ号戦車D型改 あんこうチームver. および前回更新以降の購入物

今回組み立てたプラモデルは・・・・、
TS3X0276.jpg
プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ Ⅳ号戦車D型改 あんこうチームver.です。

全国大会を勝ち抜くうちに戦力不足を感じた大洗女子学園戦車道チームが学園艦内で戦車が見つからないかと捜索していた際、偶然発見したⅣ号戦車用の75mm長砲身砲をあんこうチームのD型に乗せかえるなどの改修を施した仕様です。
アニメでは準決勝の『プラウダ学園』戦から、コミック、小説版では2回戦の『アンツィオ高校』戦からこの仕様で戦いました。

プラッツのキットに附属のおまけシールは・・・・、
TS3X0278.jpg
この戦車の砲手、五十鈴華さんでした。個人的には華さんが一番お気に入りのキャラクターだったり・・・・。(ぁ

以前紹介したⅣ号D型のキットと違い、組み立てやすいキットがベースになったらしく、制作そのものはそれほど時間が掛かりませんでした。

1370660562850.jpg
車体左側から撮影。主砲の砲身が長くなっているのが一目瞭然です。
(D型は24口径75mm砲でしたが、このF2型仕様は43口径の75mm砲に交換され、対戦車戦闘に威力を発揮できるようになりました。)
D型からの外見上の相違点としましては、砲塔側面にあった視察口の廃止、砲塔側面のハッチが大きな1枚タイプから小さめの2枚タイプに変更。

1370660508491.jpg
右前方から撮影。車体前面部分では、操縦席、無線手席前面の装甲形状の変更と増加装甲板の装備。

1370660534824.jpg
左後方から撮影。車体後部では、補助発電機用のマフラーの形状変更などが主な相違点です。

組み立ての際に、D型の頃は筆塗りで苦労した履帯の塗装をスプレー塗装で労力軽減。
しかし、スプレー吹き付け1回では元々の樹脂の色を完全に隠蔽できなかったことに、最終仕上げ時に気がつきました。
(結局、色が薄かった部分は外部から見えにくい部分になるように位置を調整して誤魔化しましたが・・・・。)

画像では違いが分かりにくいのですけど、車体に取り付けられているジャッキなどの装備品の金属部分には、GSIクレオスの『Mr.メタルカラーNo.214 ダークアイアン』を使用しました。
この 塗料は、乾燥してから綿棒などで磨くと、金属表現が出来るという事で1月から取り寄せをお願いしていたものでした。

塗装以外の反省点としては、デカールを貼る際、砲塔の『あんこうマーク』を2回失敗して、後がない状態になってしまったことでした。
(予備として、2回分同じマークがあったのが救いでした)

と、ここからは前回の更新以後、新規購入した戦車のプラモデルを紹介です。

6/1に串本町の模型店で購入したプラモデル・・・。
TS3X0311.jpg
サイバーホビー 黒騎士物語 1/35パンターA 後期型 黒騎士中隊仕様
戦争劇画の第一人者、小林源文氏の作品『黒騎士物語』に登場したパンターA型戦車をキット化したものです。
『黒騎士中隊』の中隊長『エルンスト・フォン・バウアー中尉』の半身像(砲塔の戦車長ハッチから体を出して外を視察している状態を再現できる)と、部下の『マイヤー伍長』の立像がボーナスパーツとして附属。
キットそのものも、金属製の砲身、サイドアーマーやエンジングリルなどに金属パーツやエッチングパーツが用意されていて、それでいて価格は税込み3990円とお買い得なキットでした。

同じく串本町の模型店にて・・・、
TS3X0312.jpg
タミヤ 1/35ミリタリーミニチュアシリーズ 陸上自衛隊 90式戦車。
こちらについては情報もたくさんネットで閲覧できますから、説明も必要ないかと・・・・。

6/3に地元の模型店に情報収集のために訪問した(取り寄せをお願いしている品物が入荷しているか聞きに行った)際に購入したのが・・・、
TS3X0314.jpg
グンゼ産業(現GSIクレオス) 1/35 ボルクヴァルトBⅣ 重装薬運搬車&Ⅲ号無線誘導戦車

トーチカなどの敵側防御拠点に自走して爆薬を設置する運搬車両と、これを無線操縦する装置を搭載したⅢ号戦車のセット。
GSIクレオスはプラモデルの自主開発をしていないので、元々は海外からの輸入品と思われるのですけど、詳細は不明です。
通販サイト(amazon)で検索しても類似品?しか見つからない、結構レアなキットでした。

さて、次のプラモデルも塗装待ちの状態だから、天気の良い内に早く仕上げなくては・・・・。
スポンサーサイト

プラモデル | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ 38(t)戦車 カメさんチームver. | HOME | プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ ティーガーⅠ 黒森峰女学園ver.  (前回更新以後の収穫物のレポートあり)>>

この記事のコメント

このアニメは見たことがありませんが、前に
どこかで、色々な要素が含まれていて人気のあるアニメだと紹介していたのをみましたよ。
2013-06-20 Thu 21:21 | URL | WIND [ 編集]
>WINDさん

このアニメの影響で、昨年末から戦車の模型の売り上げが大きく増えたそうです。
『ガルパン特需』と雑誌などで話題になっていますよ。

かく言う私も、もともと若い頃はスケールモデルを多く組んでいたので、この作品をきっかけに久し振りに戦車の模型を組み始めましたし・・・。

アニメのストーリーの根幹は、『スポ根』といって支障ないでしょう。
無名の廃校寸前の学校が転校生を中心にまとまり、力を合わせて勝ち進んでいくという、王道ストーリーですから。

場所によってはDVDのレンタルが出来ると思いますので、興味がありましたらご覧になってはいかがでしょうか。
2013-06-21 Fri 21:35 | URL | しんちゃん [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。