しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ T34/85 -プラウダ高校ver.-

今回製作したのは・・・、
1377817966703.jpg
プラッツ 1/35ガールズ&パンツァーシリーズ T34/85 -プラウダ高校ver.-です。

プラウダ高校の主力戦車として6両が準決勝に参加。隊長の『カチューシャ』、副隊長の『ノンナ』も戦車長としてそれぞれ乗車していた。
ただし、大洗女子チームに包囲網を突破されてからの追撃戦では、ノンナはIS-2の砲手を務めるために乗り換えている。

実車は、T34/76が、ドイツ軍のパンター、ティーガーに対して歯が立たなくなってきたため、85mm高射砲を戦車砲に改造して3人乗りの大型砲塔に搭載したT34の改良型が正式採用され、1943年末期より量産が開始され、大量生産による圧倒的な物量でドイツ軍を圧倒している。
ただし、85mm主砲も当初はティーガー、パンターの正面装甲に対しては威力不足で、新型徹甲弾が配備されるようになってから距離次第で正面装甲を貫通できるようになったらしい。
また、車体部分の装甲板の厚さはそのままだったので、ティーガー、パンターの遠距離砲撃で撃破されるケースも多かった。

1380942569178.jpg
パーツ一式。組み立て式履帯のパーツがかなり多いのですけど・・・・。
プラッツ恒例、おまけステッカーは・・・・、
1380942590334.jpg
画像が横になっていますけど(苦笑)、カチューシャさんでした。

今回は、新しい試みとして、キットの履帯ではなく、
組み立て履帯
『モデルカステン』の組み立て式可動履帯SK-34を使ってみることにしました。
これは、キットの履帯と違って、組み立て後も自然に弛みが表現しやすいこととリアルな外見で、雑誌の作例などでも多用されていることも多く、評判の高いアフターパーツです。

SK-34の組み立て方は・・・、
1380969229893.jpg
付属の組み立て冶具の上に履帯を指定の枚数並べ、横の穴からピンを接着して固定するのですけど、このピンが曲者でした。
ピンの先端に接着剤が付着してままで挿入すると履帯が固着してしまって可動しなくなり、接着剤が塗り足りないとピンが抜けてしまう、接着剤の加減が大変でした。
場合によっては、シンチュウ線を両端まで通して強度を確保するのも一つの方法かもしれません。
(ただし、ピンバイスで履帯を加工する必要がありますが・・・。)

1381129671515.jpg
左右の履帯を組み立てている途中に撮影。左側の履帯は完成、右側はピンの挿入が終わり、ピンから突き出ているランナーを切り取れば完成という状態です。
コツを覚えれば、このタイプの場合は片側1時間半ほどで組み立てられるでしょう。
履帯の種類によって、組み立ての難易度が変わるらしいのですけど・・・・。

色々な苦労があったものの、何とか完成しまして・・・・。
1383904674685.jpg
正面、やや左前から。塗装は前回のT34/76と同じです。
履帯(車体に装備された予備履帯も含む)の塗装は、タミヤカラースプレーTS-38ガンメタルを使いました。

1383904697124.jpg
車体左側面から。微妙に履帯の上側が弛んでいるのですけど・・・、ちょっと分かりにくいですね。(苦笑)

1383904718410.jpg
真正面から。車体左側、ヘッドライトのレンズには、ウェーブの『H・アイズ2(クリア)』を使用してリアルに見えるように表現をしました?(ナゼギモンケイ?

1383904738764.jpg
先日のT34/76と並べて比較。砲塔が大きくなっているのが一目瞭然ですね。

次のプラモデルは・・・、これから何を製作するか考えます・・・。(ぁ
スポンサーサイト
プラモデル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。