しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ 38(t)戦車 カメさんチームver.

今回組み立てたキットは、
TS3X0303.jpg
プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ 38(t)戦車 カメさんチームver.です。

戦車道復活とは言ったものの、一回目の授業の際には車庫にⅣ号戦車D型1両しかなかったため、急遽学園艦内のどこかにあるはずの戦車を捜索することに。
その捜索活動の際、西住みほたちが森の中で発見したのがこの38(t)です。
劇中では、生徒会チームが運用。当初は砲手の川嶋桃の射撃技量不足(数m先の目標にすら当てられない)のために実質上戦力外だったが、準決勝の再開後は生徒会長の角谷杏が砲手を務め、包囲網の一番厚い部分を強行突破する『ところてん作戦』において、T-34やIS-2など4両を相手に単独で攻撃を敢行し、うち2両を撃破し、作戦成功に大きく貢献した。
決勝戦前に、運動部からの義援金で購入した『ヘッツァー改造キット』でヘッツァー仕様に改造されている。

実車は、第二次世界大戦前にチェコのCKD社が自国向けに開発・製作していた軽戦車だったが、正式採用の翌年にナチス・ドイツにチェコスロバキアが併合されたため、ドイツ軍によって運用されている。

1370761554817.jpg
パーツ確認を兼ねて写真撮影。写真左下の小袋に入っているのが『マジックトラック』と呼ばれる組み立て式履帯。これの組み立てで後々苦労しました。

1370761625918.jpg
附属の水転写デカールとおまけシール。シールのキャラクターは、この戦車の操縦手で生徒会副会長の『小山柚子』さんです。

1371380910785.jpg
マジックトラックの組み立て途中の様子。角材に両面テープを貼り付け、その上にマジックトラックを必要数並べてから、粘度の低い流し込み接着剤を一気に塗り、ある程度乾いてからテープから剥がし、足回りに巻き付けて形を決め、接着剤を完全に乾燥させました。
・・・・と、文章では簡単そうな印象を受けるかもしれないですけど、実際には接着剤の流し込みが不十分だった部分から履帯が巻きつけ作業中に切れてしまい、整形しながら補修するなど、ドタバタしてしまいました。

1371379137445.jpg
実際に片側の履帯を巻き付けたところ。樹脂製の履帯よりも、外見はとてもリアルです。

少し脱線してプラスチックの組み立て式履帯と樹脂製履帯の長所と短所を挙げると・・・・、

プラスチック製組み立て履帯
長所 非常にリアルな外見。
短所 組み立てに時間が掛かること。組み立てを始めたら、接着剤が完全に硬化するまでに完成させないといけないのです。

樹脂製履帯
長所 組み立ての手間がほとんどない。(輪っかにするだけで良い)
短所 外見の精密さでは若干劣る。昔のプラモデルの樹脂製履帯は塗装が出来ず、『焼き止め』というちょっと特殊な加工が必要だった。

ちなみに、劇中の仕様とはかなり相違点がある(オリジナルの型式のキットは製造元では市販されていない)のですけど、可能な範囲で劇中仕様に近づくように、ジャッキやシャベルなどの車外装備品の位置を変更したり、車体左側にプラ板で雑具箱を追加するなどの加工を行いました。

なお、このキットの塗装からは、地元の模型店に5月上旬に取り寄せをお願いしていた『ペインティングブース』が届きまして、それを活用することで多少の雨なら自室でスプレー塗料を使えるようになり、作業効率が上がりました。

ここからは完成写真です。
1372066407334.jpg
左前方から。履帯などの足回りはいつものように土埃が付着した状態を表現しました。

1372066472620.jpg
左側面から。装甲板の縁の部分などに金属感を強調するような表現を実施しました。

1372066532548.jpg
左後方から。消音機(マフラー)に使い込まれて赤錆びたような表現を実施しましたけど、ちょっと表現が過剰だったかな・・・、と?

戦車も、種類が違えば大きさも違うもの。前回製作したⅣ号戦車D型改と比較してみますと・・・、
1372066599781.jpg
上から見ると、一回りほど大きさが違うのが見て取れますね。
(写真上がⅣ号D型改、下が38(t)です)

1372066628988.jpg
正面から。やはり一回りほど小さい感じですね。



さてさて、次の戦車のキットも箱から出して部品の確認をしたし、次の夜勤から帰ってからじっくり組み立てを始めようかな。
それと、給料日が過ぎてから予約しているプラモデルも買いに行かなくちゃ・・・・。
スポンサーサイト
プラモデル | コメント:2 | トラックバック:0 |

プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ Ⅳ号戦車D型改 あんこうチームver. および前回更新以降の購入物

今回組み立てたプラモデルは・・・・、
TS3X0276.jpg
プラッツ 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ Ⅳ号戦車D型改 あんこうチームver.です。

全国大会を勝ち抜くうちに戦力不足を感じた大洗女子学園戦車道チームが学園艦内で戦車が見つからないかと捜索していた際、偶然発見したⅣ号戦車用の75mm長砲身砲をあんこうチームのD型に乗せかえるなどの改修を施した仕様です。
アニメでは準決勝の『プラウダ学園』戦から、コミック、小説版では2回戦の『アンツィオ高校』戦からこの仕様で戦いました。

プラッツのキットに附属のおまけシールは・・・・、
TS3X0278.jpg
この戦車の砲手、五十鈴華さんでした。個人的には華さんが一番お気に入りのキャラクターだったり・・・・。(ぁ

以前紹介したⅣ号D型のキットと違い、組み立てやすいキットがベースになったらしく、制作そのものはそれほど時間が掛かりませんでした。

1370660562850.jpg
車体左側から撮影。主砲の砲身が長くなっているのが一目瞭然です。
(D型は24口径75mm砲でしたが、このF2型仕様は43口径の75mm砲に交換され、対戦車戦闘に威力を発揮できるようになりました。)
D型からの外見上の相違点としましては、砲塔側面にあった視察口の廃止、砲塔側面のハッチが大きな1枚タイプから小さめの2枚タイプに変更。

1370660508491.jpg
右前方から撮影。車体前面部分では、操縦席、無線手席前面の装甲形状の変更と増加装甲板の装備。

1370660534824.jpg
左後方から撮影。車体後部では、補助発電機用のマフラーの形状変更などが主な相違点です。

組み立ての際に、D型の頃は筆塗りで苦労した履帯の塗装をスプレー塗装で労力軽減。
しかし、スプレー吹き付け1回では元々の樹脂の色を完全に隠蔽できなかったことに、最終仕上げ時に気がつきました。
(結局、色が薄かった部分は外部から見えにくい部分になるように位置を調整して誤魔化しましたが・・・・。)

画像では違いが分かりにくいのですけど、車体に取り付けられているジャッキなどの装備品の金属部分には、GSIクレオスの『Mr.メタルカラーNo.214 ダークアイアン』を使用しました。
この 塗料は、乾燥してから綿棒などで磨くと、金属表現が出来るという事で1月から取り寄せをお願いしていたものでした。

塗装以外の反省点としては、デカールを貼る際、砲塔の『あんこうマーク』を2回失敗して、後がない状態になってしまったことでした。
(予備として、2回分同じマークがあったのが救いでした)

と、ここからは前回の更新以後、新規購入した戦車のプラモデルを紹介です。

6/1に串本町の模型店で購入したプラモデル・・・。
TS3X0311.jpg
サイバーホビー 黒騎士物語 1/35パンターA 後期型 黒騎士中隊仕様
戦争劇画の第一人者、小林源文氏の作品『黒騎士物語』に登場したパンターA型戦車をキット化したものです。
『黒騎士中隊』の中隊長『エルンスト・フォン・バウアー中尉』の半身像(砲塔の戦車長ハッチから体を出して外を視察している状態を再現できる)と、部下の『マイヤー伍長』の立像がボーナスパーツとして附属。
キットそのものも、金属製の砲身、サイドアーマーやエンジングリルなどに金属パーツやエッチングパーツが用意されていて、それでいて価格は税込み3990円とお買い得なキットでした。

同じく串本町の模型店にて・・・、
TS3X0312.jpg
タミヤ 1/35ミリタリーミニチュアシリーズ 陸上自衛隊 90式戦車。
こちらについては情報もたくさんネットで閲覧できますから、説明も必要ないかと・・・・。

6/3に地元の模型店に情報収集のために訪問した(取り寄せをお願いしている品物が入荷しているか聞きに行った)際に購入したのが・・・、
TS3X0314.jpg
グンゼ産業(現GSIクレオス) 1/35 ボルクヴァルトBⅣ 重装薬運搬車&Ⅲ号無線誘導戦車

トーチカなどの敵側防御拠点に自走して爆薬を設置する運搬車両と、これを無線操縦する装置を搭載したⅢ号戦車のセット。
GSIクレオスはプラモデルの自主開発をしていないので、元々は海外からの輸入品と思われるのですけど、詳細は不明です。
通販サイト(amazon)で検索しても類似品?しか見つからない、結構レアなキットでした。

さて、次のプラモデルも塗装待ちの状態だから、天気の良い内に早く仕上げなくては・・・・。
プラモデル | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。