しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

給料日といえば・・・・、(買い物大暴走編)

先日の模型完成の翌々日より、本命の
TS3X0237.jpg
『プラッツ Ⅳ号戦車D型 あんこうチームver.』の製作に取り掛かることにしました。
しかし、箱の中から欠品の有無を確認するべく部品を全て取り出してベッドの上に並べると・・・・、
TS3X0255.jpg
『戦いは数だよ!兄貴!』(ぁ
と言わんばかりの部品の数。(使わない部品も多数あるので、実際に使用する部品数はこの部品数の8割程度ですけど。)

一瞬戦意が萎えそうになるほどの部品数に圧倒されつつも、気を取り直して製作開始。
しかし、さすがに部品数の数に正比例して製作時間も掛かるため、製作2日目でやっと・・・・、
TS3X0257.jpg
ここまで。今日(3/28)までにもう少し進展がありましたけど、塗装前の写真をアップできるまでには最低でも数日はかかりそうです。

ここからがタイトルに関するお話。

本日は職場の給料日でした。
休日の当番勤務の代休を活用して(午後からは暇だと確定していたので)普段より2時間早く仕事を切り上げまして、小遣いを支給されてから、床屋で散髪をしてもらった後にいつもの模型店に立ち寄り、予約していた戦車のプラモデルを買ってきました。

その品物は・・・・、(全て『プラッツ』の製品です)
TS3X0258.jpg
『Ⅳ号戦車D型改 H型仕様 あんこうチームver.』
現在製作中のD型が、決勝戦を前に改修したタイプ。
(H型仕様になる前に、F2型仕様があります。F2型仕様のキットは来月発売予定)

TS3X0259.jpg
『ポルシェティーガー レオポンさんチームver.』
スポーツカーで有名なポルシェ博士が設計したもう一つの『ティーガーⅠ』。
正式採用は別のメーカーの試作車に譲ったものの、結果を待たずに作られていた数両が問題点の改修を受けた上で実践にも参加しています。

TS3X0260.jpg
『ティーガーⅠ 黒森峰女学園ver.』
ティーガーⅠとして正式採用された戦車はこちら。
決勝戦で対戦する『黒森峰女学園』の隊長が乗車している戦車。

この3つを購入して、本日の出費、17800円也。

更に、別のメーカーのティーガーⅠのキットの取り寄せもこのお店で依頼。
取り寄せ依頼したキットが届くまでにこれらは完成しているだろうか・・・・。
スポンサーサイト
プラモデル | コメント:2 | トラックバック:0 |

タミヤ 1/35 MMシリーズ Ⅳ号戦車D型

先週(3/16)に地元の模型店へやっと入荷(約3ヶ月待ち)したこのキット。

その日の夜から早速製作を開始しました。

TS3X0242.jpg
パーツの欠品などがないか確認するためにランナー(パーツを囲っている枠)を広い場所に並べてみたところ。
このキットで、総パーツ数は約150点あります。
(実際には、作る仕様に応じて20点ほど不必要なパーツがありますが)

パーツに破損や欠品がないことを確認してから早速組み立て・・・・、と言いたい所でしたが、このキットはモーターライズ(専用の動力ユニットと電池を組み込んで自走できる仕様)時代の名残で、
TS3X0243.jpg
車体底部にこのように幾つか穴が開いているのです。
見えない部分ですから放置してもいいのですけど、スプレーで塗装する際にこの部分から中に塗料が入り込んでしまうのが気になりまして、
TS3X0244.jpg
ランナータグ(ランナーに必ずある、商品名などが刻印されたプレート状の部分)を細かく切って貼り付け、外側に出来る段差を
TS3X0245.jpg
ラッカーパテで埋めました。(乾燥後、余分に盛り付けていたパテを削り取り、表面をペーパーやすりで成型しました)

この加工以外は比較的順調に作業は進み、組み立て開始2日目には
TS3X0246.jpg
車体は足回り以外完成、砲塔部分も大体の外見が組みあがりました。
この画像で色の違う部品(予備履帯、エンジン手動起動用クランク、牽引クレビス)は、キットのものが破損して別売りのセットから流用(クランク、牽引クレビス)、アニメ『ガールズ&パンツァー』に登場する仕様にするために取り付け(予備履帯)しました。

そして、この翌日、砲塔部分の組み立ても順調に進みまして、
TS3X0247.jpg
これで素組み完了。ただし、塗装前に傷を消し、塗料の食いつきを良くする『サーフェイサー』という下地用塗料?をまだ入手していなかったので、ここで一旦作業中断。

一日間が空いて、ようやくサーフェイサーを調達でき、サーフェイサー吹きつけ→乾燥待ち→スプレー塗料吹きつけまでその日のうちに終わらせる。
使用したスプレー塗料は、タミヤカラースプレーの『ジャーマングレー』、旧ドイツ軍(第二次大戦当時のドイツ軍)の開戦当初の戦車によく使われていた色です。
そして、寒い夜空を見ながら窓を開けて、スプレー塗料のシンナーの臭気が抜けるまで、部屋で悶絶していたのはここだけの話。(ぁ

スプレー塗料が完全に乾くまで丸1日時間を開けて、ジャーマングレー以外の色の部分を筆でちまちまと塗り分け、塗装作業が完全に終わってから1月に通販で購入していたアニメ仕様のデカールからこの戦車に乗る主人公たちの通う学校、『県立大洗女子学園』(勿論、架空の学校)の校章、合うサイズをチョイスして貼り付け、砲塔側面には別メーカーのアニメ公式キット?附属のデカールからかつての管理番号?の『六』のマークを転用して貼りつけ。
(公式キット?は全国大会出場時に準じたマーキングをする予定なので、『六』のマークは余剰になる予定だったのです)

デカールが完全に定着するまでまたまた時間待ちして、昨日(3/22)の朝早く、仕事に出勤する前にデカールや塗膜の保護のため、つや消しクリアーのスプレー塗料を吹き付けまして、今朝まで乾燥させていました。

そして今朝、夜勤から戻って最低限の家事を済ませた後、仕上げとして汚れの表現などを施す『ウェザリング』を実施。
そしてようやく完成しました。

以下、完成した戦車をご覧ください。

TS3X0250.jpg
側面から。本来アニメに登場する状態にしたければ『六』のマーキングをもっと擦れた状態にしなくてはいけないのですけど、私の技術では『まだ無理』と判断、デカールを普通に貼り付けるだけにしました。

TS3X0253.jpg
正面やや右側から。履帯や車体下部にうっすらと汚れ表現を施しています。

TS3X0254.jpg
左後ろから。マフラー先端部分に若干焼けた表現をしたつもりですが・・・・。

模型店の店主さんに駄目出しをしていただきまして、次の戦車製作時に注意するべき点もご指導いただきましたので、次に組むキットはもっと見栄えの良い出来を目指したいと思っています。

とりあえず、少し別のことをして息抜きしてから、次の戦車の製作に取り組む見込み・・・・。
プラモデル | コメント:1 | トラックバック:0 |

またまたお買い物。

仕事は忙しい日と多少暇な日の2つに分かれ始め、少しはまとまった時間も取れそうな感じになってきました。

そんな中、定期的にamazonで興味のある品物(プラモデル、アニメのCD、BDなど)の価格を調べていたところ、13日になって、欲しかったけどそれまではぼったくり価格に手が出なかったプラモデルが定価+送料程度の価格まで値下がりしていたのを見つけて即座に注文しました。
(メーカーが再生産したために出品者が増え、価格が下がったのでしょう。ちなみに、amazon直接の販売の場合は、来月23日の再入荷を待たなくてはならないようです。)

そして14日は職場の夜勤だったのでメールチェック出来なかったので気付かなかったのですけど、14日の夕方には出品者(大阪のおもちゃ販売店)から運送屋に預けられていまして、昨日(15日)の午後、無事に届きました。

届いた品物は・・・・、
TS3X0237.jpg
『プラッツ』というメーカーが発売している『1/35 Ⅳ号戦車D型 あんこうチームver.』です。
『ガールズ&パンツァー』の主人公『西住みほ』とその友人たち『あんこうチーム』が乗車している戦車を再現した、という触れ込みのプラモデルです。

本日(16日)の午前中、愛車の給油のためにガソリンスタンドに出かけたところ、そのスタンドの独自サービスで給油すれば1回回せるガラガラ福引があるのですけど、今日はなんと『ガソリン代1回無料』の赤玉を引き当てまして、本日の給油代金1735円がキャッシュバック扱いになりました。
それで小遣いに若干余裕が出来たので、帰りにいつもお世話になっている模型店に立ち寄ったところ、年末に注文していたプラモデルが再生産されて届いているよ、と店主さんから声を掛けられまして、塗料などの購入ついでに引き取ってきました。
(もしも、ガソリン代が無料になっていなければお金が足りず、給料日か来週の給油日まで購入保留となるところでした。)

年末から取り寄せを頼んでいたプラモデルは・・・、
TS3X0238.jpg
『田宮模型』製の1/35スケール Ⅳ号戦車D型でした。

実は、田宮模型製のⅣ号戦車を注文していたのは、プラッツ製の品物が人気商品で入手困難だったことに加えて、部品数が圧倒的に多く、久しぶりに戦車の模型を作る私にはハードルが高いのではないかと思ったからでした。

実際、二つのキットの箱の大きさを比べてみたところ・・・・、
TS3X0240.jpg
平面寸法は2割増し程度?で、
TS3X0241.jpg
箱の厚さに至っては約2倍はあろうかというボリュームです。

パーツ数についてはプラッツ製のキットは正確な数が分からないのですけど、田宮製の物はパーツ数約150点に対して、プラッツ製はパーツ数約900点以上といわれています。
(プラッツ製のキットの大元になった『ドラゴン』製のキットの場合、最終的に余る部品も含めるとパーツ総数1200点だという事です。)

とりあえず、夕食後、少し落ち着いてから田宮製のⅣ号戦車D型を組み立て始めましたので、完成したら改めてここで完成した姿を公開する予定です。
プラモデル | コメント:2 | トラックバック:0 |

2月末の買い物大暴走。

今年は普段よりも仕事が忙しく、ブログの更新も停滞気味です。

2月末から3月初旬にかけての出来事を簡単に書くと・・・・。

・仕事は忙しい。休日は日常生活に必要な最低限の外出(食料品、生活用品の買い物、愛車の給油など)を除けば基本的に自宅で寝落ちしている。
10年ほど前なら多少の疲労でも平気で外出していたけど、やはり加齢の影響は避けられないまぁ・・・。

・携帯電話が破損して、機種変更。3月1日に仕事の疲れから自室で転倒して携帯を押しつぶすような状態になってしまい、モニター表面を保護しているガラス板にひびが入ってしまった。
モニターの上部1cmほどの範囲のガラス損傷だから使うのに支障がないとも言えたのだが、ちょうどこの携帯の分割払いも終了していたのを契機に機種変更を考えてauショップに。
しかし、従来型の携帯電話はお年寄り向けの『簡単ケータイ』くらいしか在庫がなく、実質上スマートフォンしか選択の余地はなく、不本意ながらスマートフォンの『ISW11SC』、サムソン製のGALAXY SⅡ WiMAXに機種変更。
上位機種のSⅢも在庫ありだったが、2つの理由でこちらを選択。
(古い従来型携帯電話機を使えるようにau ICカードの互換性を優先したことと、次世代通信システム『LTE』は地元に限って言えば無用の長物だから)

操作に戸惑いつつ、何とか基本的な機能を覚えつつあるところです。



さて、ここからがタイトルに関連ある内容です。

2月28日、この日(と言いますか、基本的に毎月28日)は私の職場の給料日。
給料を現金で受け取って帰宅後、口座引き落としのために差し引いたお金の残りを手にして地元の模型店にまたまた突撃。
(その前に、定期購読している雑誌を本屋で購入しましたが。)

模型店にて、予約していたプラモデルと陳列棚を見てからその場で選んだプラモデル合計3個と、プラモデル製作用の工具を1つ購入。内訳は・・・・、

予約していた品物の、
TS3X0235.jpg
メーカー:ファインモールド 1/35 ガールズ&パンツァーシリーズ 三式中戦車[チヌ]アリクイさんチームver.

給料日の数日前に購入前提で確保をお願いしていた・・・、
TS3X0236.jpg
メーカー:田宮模型 1/35 フランス戦車B1bis

この日選んで購入を決めたのが・・・・、
TS3X0234.jpg
発売元:田宮模型 1/35 イタリア軽戦車L6/40
(このキットは、イタリアの模型メーカー『イタレリ』社の製造で、田宮模型が日本に輸入して発売している限定生産品でした)
それと、写真下の田宮模型製 精密ピンセットストレートタイプも一緒に購入。

模型店で1万4千円のお買い物を済ませ、更に4月に発売予定のプラモデルを2個、予約?してきました。
(人気のあるシリーズなので、初回生産ロットで入手できない可能性が高いのです。)
今月(3月)にも年末から取り寄せをお願いしているものも含め、全て順調なら戦車のプラモデルを4個入手予定・・・・。(ぁぁぁ
予定通りだと、今月末には一気に2万円ほど吹っ飛ぶ予定です。

え、プラモデルを買うのはいいけど、作っているのかって?
残念ながら、今しばらくは買うことが出来る時に確保しておくだけの状態が続きそうです。
仕事が忙しくて時間が確保できないのもありますけど、取り寄せをお願いしている塗料がまだ揃っていないと言うのもありまして・・・・。
作り始めるのは、早くて今月末、遅いと来月末かな・・・・。



また、何かネタが出来れば更新します~ノシ
プラモデル | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。