しんちゃんのぽけぽけルーム

管理人のぽけぽけな日常をつづる部屋です。 日常ネタ以外では、主にゲーム、コミック、ライトノベル、模型の話題がメインになると思います。

最近の購入物など。

一昨日(6/16)に、一年半ぶりに大阪市へ地元で手に入らない珍しい(または店頭在庫のみのレアな)模型を買いに行ってきました。

道中の細かい部分は端折りますが、最初に中央区本町にあるミリタリーホビー専門店『ホビーランド』に行きました。
ここへ行く際に、大阪メトロ本町駅を出る際の出口を間違えたために道に迷い、スマートフォンのGPSナビゲーション機能の力を借りて30分ほど歩き回りましたが・・・。(苦笑)

ホビーランドで購入した品物はこちら。
20180618201050c7d.jpg 

ピットロード W185 /700 米国海軍 エセックス級航空母艦 CV エセックス


同 SPW46 /700 日本海軍 白露型駆逐艦 五月雨(新装備パーツ NE-05付き)


アオシマ WL555 700 日本海軍 特殊潜航艇搭載母艦 日進


ハセガワ WL465 700 日本海軍 夕雲型駆逐艦 朝霜(月にリニューアルして発売されたばかりの最新キット)


ハセガワ QG70 駆逐艦 夕雲型 リノリウム マスキングシート


モデルアート別刊 ゼロから始める 艦船模型の製作術 総ざらい


ホビーランドでは約14000円ほど使いました。


その次は最近お馴染みになりつつあるボークス 大阪ショールームへと移動。


大阪メトロを乗り継いで最寄の恵美須町駅に到着。

しかし、ここでも普段と違う経路(普段は南海なんば駅から直接移動)だったために出口を出てからの方角を間違え、反対方向(南)へと数分歩いてから間違いに気付きました。(苦笑)


どうにかボークスに到着後、5階(飛行機・艦船・カーモデル売り場)→4階(用品/工具、AFV売り場)→3階(ガンプラ・メカ・特撮売り場)の順に欲しい品物を買いながらフロア移動しました。


ここでの購入物はこちら。

20180618201106b4c.jpg


5階での購入物

ハセガワ 700 ドイツ潜水艦 Uボート VIIC/IXC型 Uボート エース Part2 (限定版)

(手すり部分のエッチングパーツと、Uボートの名艦長のパーソナルマークのデカールが付属)


ハセガワ 700 戦艦 三笠用 木製甲板シート


モデルアート別刊 帝国海軍 軽巡洋艦総ざらい


フジミ 特-98 700 日本海軍駆逐艦 時雨・雪風 幸運艦セット


フジミ 特-82 700 日本海軍航空母艦 葛城(初回ロット、パーツ構成の25mm機銃が同梱されていま

す。)


ファインモールド FW 350 日本海軍駆逐艦 綾波


ピットロード W18 700 米国海軍護衛駆逐艦 DE224 ラッデロウ級(隻セット)

(一部パーツの組み換えで艦これに実装されているジョン・C・バトラー級駆逐艦を製作できるので購入)


4階では、スティックやすりとデザインナイフの替え刃を複数。


3階ではフレームアームズガール ウェポンセット1を購入。


ボークスでの出費は約23500円でした。


結局、大阪市での買い物では約38000円使ってきました。

(なお、どちらのショップでも模型は定価の1割引で少しだけお買い得でした。)


復路では高速道路で故障車が原因の渋滞が約2kmあったり、住んでいる町で国道を走行中に単独事故を起こした車があったらしく、現場検証のために片側交互通行になっていたりと少しハプニングがありましたが、天候に恵まれて無事に帰宅しました。


そして、昨日は日曜日でしたが仕事、今日も仕事でしたが、本日は特殊な勤務体制で発生した超過勤務分の振り替え休日の権利を使って午後から代休となりました。

自宅に戻って昼食(持っていった弁当)を食べた後、大阪に出掛けたときに使い切らなかったお金を持って地元の模型店に行きました。

取り寄せを頼んでいた模型と、先月末に新発売された模型を予約していたので、それを引き取ってきたのです。


本日購入したのがこちら。

2018061820111959f.jpg

上がアオシマ 1/700 日本海軍水上機母艦 瑞穂。(取り寄せ)

下がタミヤ 1/700 DDV192 空母いぶき(予約)

空母いぶきは、小学館の『ビッグコミック』に連載されている同名の漫画に登場する架空の護衛艦を商品化したものです。

個人的には、ベースになったいずも型護衛艦のキットを発売しているハセガワが商品化するかなと思っていたので、タミヤが商品化したのは予想外でした。


とりあえず、取り寄せを依頼しているスプレー塗料が届いたらぼちぼちと組み立てていく予定です。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

先月制作した模型(未紹介分)

先日の榛名完成後からまた少し多忙になっていたので、更新が少し途切れてました。

先月はもう少し艦船模型を建造したので、簡単にですが完成写真を公開します。

2018060318040239c.jpg 
(手前側の二隻)海防艦 占守型(2隻セット)

201806031804243d7.jpg 
軽巡洋艦 阿武隈

2018060318044693b.jpg 
工作艦 明石

完成写真がまだ撮影できていないのですが、軽巡洋艦 大井(重雷装巡洋艦)と、駆逐艦 初霜も完成しています。

なお、現在は艦これのアイテム収集イベントに参加しているのに加え、船体色のスプレー塗料の補給待ち(地元の模型店で取り寄せ中)の為に艦船模型の組み立ては一時中断中です。(苦笑)

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ハセガワ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.111 日本高速戦艦 榛名

本来はヤマシタホビーと言うメーカーの駆逐艦 綾波を組み立てていたのですけど、パーツを紛失して組立作業を中断せざるを得なくなったので、その代替として、
20180503110242bee.jpg 
これを組み立てる事にしました。

実艦は、初めて民間造船所に発注された主力艦として建造され、二度の近代化改修を経て太平洋戦争終戦まで幾多の戦いを潜り抜けてきた武勲艦です。
キットは1994年に発売開始された少し古いもので、
20180503110303533.jpg 
パーツ構成も非常にシンプルです。

組み立てそのものは一部パーツの取り付け穴が微妙(緩くて接着剤が乾くまでにパーツが取れる恐れがあったり、穴が小さくてパーツが入らず、穴を拡張したりと大変)でしたが、それほど難しくはありませんでした。

組み立てしながら色の塗り分けが必要な部分を先に塗装、マスキングして上塗りを繰り返して・・・、
20180503110324b41.jpg 
こんな感じになりました。

さて、次は何を作ろうかな・・・。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.460 駆逐艦 島風

今回の作品は、
20180428141506bad.jpg
タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.460 駆逐艦 島風です。

実艦は、1943年5月に就役した次世代艦隊型駆逐艦。
公試試験で日本の駆逐艦最速の40.9ノットを記録している。
1944年11月、レイテ島オルモック湾付近で戦没。

このキットは、昨年(2017年)にリニューアルされた最新版です。(なお、リニューアル前のキットは、1972年から市販されてきた長寿モデルで、『艦これプラモデル』版の島風はリニューアル前の旧キットなので、購入される方はご注意を。)

20180428141528373.jpg
パーツ構成。精密度と組み立てやすさを両立させているタミヤらしさを感じます。

組み立ては特別な加工など無く、説明書の通りに組み立てました。
塗装は、基本色がタミヤカラースプレーNo.99 舞鶴海軍工廠グレイ。リノリウム甲板部分はGSIクレオスのガンダムマーカースミいれ用ブラウン(油性ペンタイプ)で後から塗装。
煙突先端、マストの一部がつや消しブラック。主砲基部の防水布や内火艇のキャンバス部分はタミヤエナメル塗料XF-55 デッキタンを使用しました。
その後、水性塗料のつや消しクリアーでトップコートした後、タミヤスミ入れ塗料のブラックをペトロールという油絵の具用の溶き油で希釈したものでスミ入れとウォッシング処理を施しました。

201804281415447f1.jpg
完成写真。それなりに見られる出来映えだったらいいのですけど。

次の模型はこれから組み立て準備に取り掛かるので、来週中に更新できれば上出来かな。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

年が変わって・・・。

『色々』とあって新年最初のブログ更新もこんなタイミングになりました。

年末には予約していた戦車の模型などを購入し、いつでも組み立て可能・・・・、と言うところだったのですけど、精神的な問題でモチベーションが上がらず、今日の日中になってやっと8ヶ月以上前に購入していた戦車の模型の組み立てに取り掛かりました。

仕事が終わってからコツコツ細々と作る予定なので、今月中の完成を目標にする予定・・・。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT